微熱

産後に微熱が出たときどう授乳する?赤ちゃんに確実に風邪をうつさず授乳する方法とは?

産後に微熱が出た原因が風邪なのであれば、絶対に赤ちゃんには風邪をうつしたくないですよね!

特に授乳中のママは赤ちゃんと密着して授乳するので、赤ちゃんに風邪がうつらないのか心配だ…というママは多いです。

 

産後は免疫力が弱っているので風邪をひきやすいし、微熱も出やすいです。

赤ちゃんも小さければ小さいほど風邪をひくとこじらせる可能性が高いので、赤ちゃんに風邪をうつさずに授乳する方法を調べてみました。

産後に風邪で微熱が出た際に赤ちゃんに風邪をうつさないように授乳する方法は?

産後に風邪で微熱が出た!というときは授乳する際に注意点があります。

これを徹底すれば赤ちゃんに風邪をうつす可能性は低くなります。

意外と簡単なことなのですが、徹底するのは難しかったりするのでぜひやってみてください。

マスクをして授乳する

マスクって本当に効果があるの?と思うでしょうが、風邪の感染ルートはウイルスのついた手でモノを触ったりした後、違う人がそのモノを触って移る接触感染と、くしゃみや咳などでウイルスを浴びることで移る飛沫感染があります。

マスクをすることで飛沫感染を大いに防ぐことが出来るので、授乳中は特にマスクをして授乳をしましょう。

手洗いうがいをこまめにする

赤ちゃんをお世話する前、お世話した後に手洗いうがいをこまめにしましょう。

手洗いうがいをこまめに行うことで、手などを介して移る接触感染を防ぐことが出来ます。

赤ちゃんが自分の手をしゃぶっているときは特に接触感染には気を付けるべきです。

手洗いのほかにアルコール消毒も有効です。

母親が風邪をひくと母乳から風邪が移ることってある?

母乳は母親の血液から出来ています。

母親が風邪をひくと「母乳で風邪ウイルスが入らないのか心配…母乳から風邪がうつったりしないの?」と不安になる方も少なくありません。

母乳を介して風邪が移ることはありません!

風邪は飛沫感染・接触感染が主なので、母乳から赤ちゃんに風邪がうつることはないので安心してくださいね。

産後の微熱が「風邪」ではない場合もある

産後に微熱が出ると「体がだるいし風邪かも…」と思うママが多いですが、産後の微熱の原因が風邪ではない場合も少なくありません。

風邪以外の原因で産後に微熱が出ているのであれば対策方法も変わってくるので、以下をチェックしてみてください。

乳腺炎

発熱は風邪のせい?と思っていたら乳腺炎だった!ということもあります。

乳房を触ってチェックしてみましょう。

しこりや違和感などはありませんか?

少しでもしこりや違和感があるのであれば乳腺炎の可能性が高いので、頻回に授乳したり乳房が熱を持っているのであれば保冷材で冷やすなどの対策をしましょう。

細菌感染による発熱

出産をすると子宮などの器官に大きなダメージを与えます。

まれに子宮などのダメージ部位から細菌が入り込み発熱してしまう場合があります。

特に悪露が出ているときは陰部から細菌が入り込み感染症を起こすことがあるので、産後の微熱が続くことがあれば産婦人科を受診した方が賢明です。

ストレスによる発熱

産後頑張り過ぎてしまうママはストレスで微熱が出る場合があります。

発熱することで体が危険サインを出しているということです。

「わたし…頑張り過ぎてるかも…」と思うママは、家事は置いておいてゆっくり体を休め、体調不良を改善することが大事になります。

産後に微熱が出たときに赤ちゃんに風邪を移さず授乳する方法まとめ

産後に微熱が出たときに、赤ちゃんに風邪をうつさないように授乳する方法はこちらです。

・マスクをして授乳をする

・赤ちゃんに授乳する前と後はしっかりと手洗いうがいをして風邪ウイルスを撃退する

この2つを徹底しつつ、しっかりとママが休息を取って風邪をいち早く治すことが大事です。

参考になれば幸いです。