産後

産後に残尿感や排尿時に痛みがある!【危険】思わぬ病気が潜んでいる可能性が!

産後に残尿感があったり、排尿時に痛みがあったりなどの症状が出る方が多いです。

このほかにも産後に尿の出口が痛い、排尿痛がありしみると訴える方もいます。

そのうち残尿感や痛みは治るでしょ!と思い放っておくと…治るどころか症状が悪化する方もいらっしゃいます。

産後の残尿感や痛みを感じている方は要注意!

その症状、【危険な病気】ですよ!

 

産後に排尿時に痛みや残尿感を感じている方にぜひ知ってもらいたいことをまとめてみました。

産後の残尿感や排尿時の痛みの原因は?

産後の残尿感や排尿時の痛みの原因は…ズバリ【膀胱炎】のしわざです!

排尿時に痛みというよりは、しみる・ひりひりする。

そのほかには下腹部が痛い、膀胱に違和感を感じる方もいます。

 

実は産後は膀胱炎になりやすい時期と言われています。

産後に膀胱炎になりやすい理由をまとめてみました。

デリケートゾーンを清潔に保ちにくい

出産後から約1ヶ月ぐらいは悪露が出ますよね。

悪露が出ている間陰部を清潔に保っておかないと、細菌が繁殖しやすくなります。

陰部と尿道は近いので細菌が繁殖するしてしまい、尿道口から細菌が侵入し膀胱炎になりやすくなります。

排尿しづらい状態になる

産後は一時的なのですが、出産のダメージにより尿を排出する神経が麻痺しやすくなります。

この影響で排尿しづらかったり、尿意を感じづらくなったりします。。

会陰部を切開したり裂けたりしている場合は、力を入れづらくなり排尿しづらくなってしまうのです。

このようにうまく尿を排出しにくくなり膀胱に尿が長時間溜まった状態になるため、膀胱炎になりやすいと言われています。

 

トイレを我慢してしまう

これは産後自宅に戻ってから膀胱炎になる原因のひとつです。

赤ちゃんのお世話に追われママがトイレに行きたいのを我慢してしまい、膀胱炎になるケースがあります。

自分のことは二の次と考えてトイレを我慢してしまうことが何度も続いたりしてしまうと、膀胱内に細菌が繁殖してしまい膀胱炎になるケースがあります。

産後の膀胱炎の症状は?

産後の膀胱炎の症状は次のようなものです。

・頻尿

・排尿痛(排尿するときに尿道が焼けるような痛み)

・残尿感

・尿に血が混じる

・発熱

・吐き気 など

産後に膀胱炎になるとこのような症状が現れてきます。

産後に膀胱炎になってしまったときどうする?対処法を紹介

産後に残尿感や排尿時に痛み・違和感を感じているのであれば、以下の3つの対処法を行ってみてください。

筆者も実際に産後に排尿時に痛みがあったり、膀胱に違和感を感じたことがありました。

病院を受診するとやはり「膀胱炎」の診断が出ました(´;ω;`)

薬を服用しつつ早く膀胱炎を治すためにやるべきことを指導されたので、以下にまとめてみました。

陰部を清潔に保つ

特に悪露が出ている産後1ヶ月ほどは、意識して清潔に保つ必要があります。

産後は子供の世話などで忙しいと思いますが、同じ悪露パッドを長時間当て続けないようにしこまめに交換するようにしてください。

1日1回はシャワーで綺麗に洗い流すことも大事です。

産後は陰部を綺麗に保つことを心がけましょう。

 

トイレを我慢しない

産後は子どものお世話が中心になるので、自分のタイミングで排尿できないことが多くなります。
しかし!極力我慢せずにトイレに行き排尿するよう心がけてください。

膀胱の中に尿が溜まり続けていると、膀胱炎の原因である細菌が繁殖しやすい状態になります。

産後の膀胱炎を早く治すためにはこまめにトイレで排尿することが大事です。

 

水分をしっかり摂る

水分補給が産後の膀胱炎を早く治すカギとなります。

なぜなら水分補給をこまめにすることで膀胱炎の原因の細菌を尿と一緒に体の外へ排出することが出来るからです。

排尿時に痛みがある方にとってはつらいですが、排尿をたくさんして膀胱炎の原因の細菌を出すことが大事なので痛みを我慢して排尿していきましょう。

産後の膀胱炎は自然治癒するから病院に行かなくてもいい?

産後の膀胱炎は放っておけば治る!と思っている方も多いのですが、産後の残尿感や排尿時の痛みを感じているのであれば放っておくのは大変危険です!

産後はストレスや疲れから免疫力が下がっている傾向があるので、産後の膀胱炎が自然治癒するのは稀。

産後の残尿感や排尿時の痛みを放っておけばおくほど、膀胱炎の症状はひどくなる一方です。

産後に膀胱炎になったら何科を受診すべき?

産後に残尿感や排尿時の痛みを感じているのであれば泌尿器科でもいいですが、出産した産婦人科に相談してもOKです。

産後の膀胱炎を治すには膀胱の中に繁殖している細菌を殺さなければなりません。

授乳中であれば、授乳中に飲める薬を処方してくれます。

膀胱炎に効く薬で細菌をやっつけながら、水分をしっかり補給し排尿をして細菌を体の外に出すように心がけましょう。