ほてり

産後のほてりはいつまで続く?ほてりの原因と今すぐできる暑さ対策とは?

産後に体がほてっていつまで経っても暑くて眠れない…

体が熱くて汗をかきやすくなった…

更年期?と思うほど暑くてたまらない…

と産後に戸惑う人も少なくありません。

 

体の変化についていけず、産後のほてりの症状がつらい…と嘆くママも多いです。

産後のほてりはいつまで続くのか、原因と対策についてもまとめてみました。

産後のほてりはいつまで続く?

産後のほてりの症状は産後の月経が始まる頃に落ち着くと言われています。

具体的に言うと出産後約1年ほどですね。

産後のほてりは1年ほど続くのかというと、ホルモンが密接に関係しています。

 

産後のほてりの原因は?

産後にほてりを感じる原因は、主にふたつあります。

原因を知れば対策も立てられます^^

産後のほてりの原因をまずは知ってみましょう!

ホルモンバランスの乱れ

産後は特にホルモンバランスが大きく乱れる時期です。

このホルモンバランスの乱れにより、体の体温調整機能をつかさどる自律神経も乱れてしまい、体がほてるという症状を引き起こす原因になります。

このホルモンバランスは産後の月経が始まると整いやすくなります。

よって産後の月経が始まる頃に産後のほてりの症状が落ち着くママが多いです。

疲労やストレスによるもの

出産時の疲労、そして育児の疲労やストレスが蓄積しすぎると…

自律神経が乱れてしまい同じくほてりの症状を感じやすくなります。

ストレスが様々な症状を引き起こすので、息抜きが必要になるということになりますね。

産後のほてりを改善する暑さ対策って?

産後に汗をかきやすくなったり、暑くてたまらなくなったりする症状を抑えるためには以下の2つのことをしっかりと行ってみてください^^

これを行うだけで随分と症状が収まりますよ!

休息をしっかりとる

この産後のほてりの症状をなくすためには、【休息】をしっかり取る必要があります。

先ほど書いたように疲労の蓄積・ホルモンのバランスの乱れが産後のほてりの原因です。

ホルモンのバランスを整えるには、体を早く回復させることに他ありません。

自分しかできないことはママがやり、ママじゃなくても出来る家事はパートナーや頼れる人にやってもらい身体を休ませるよう心がけましょう!

保冷剤を首に巻く

授乳中の場合は特に産後のほてりの症状に加えて、母乳を作るためにエネルギーを使い熱を発しやすくなります。

首の後ろを冷やすことで体全体をひんやりすることが可能です^^

これは対処療法にはなりますが、暑い!とほてりの症状でイライラすることがなくなりますのでおすすめですよ☆

産後のほてりはいつまで続くのかまとめ

産後のほてりはいつまで続くのか…?

大体産後1年ほどは続くと言われています。

ホルモンバランスや自律神経が整ってくれば、産後のほてりは解消されていきますよ^^