いぼ痔

産後のいぼ痔が治らない!【即効】自分で出来る3つの対処方法まとめ

産後にいぼ痔で悩むママは少なくありません。

デリケートな悩みなので、周りにはあまり知られたくありませんよね。

妊産婦の3人に1人が痔を経験していると言われています。

いぼ痔は自然治癒するんじゃないの?とそのまま放置する人も多いですが、自然治癒はなかなかなく、いぼ痔が治らない…と悩む人の方が多いです。

今回は産後のいぼ痔について、治し方も含めてまとめてみました。

産後のいぼ痔が治らない!どんな対処法がある?

いぼ痔の治療としては、

座薬

軟膏

注入薬

この3つが主な薬です。

いぼ痔の状態によって処方される薬が変わってきます。

いぼ痔は炎症を起こしているので、薬により炎症を抑えます。

しかし炎症を抑えるだけなので、根本的な改善(いぼ痔をなくすということ)は難しいのです。

日常生活において悪化させないように、いぼ痔の痛みが再発しないように気をつけるべきことが3つあります。

 

便秘を解消する

便秘になると硬い便を出すために、いきむことになります。

このいきむ行為がいぼ痔を悪化させてしまうのです。

授乳中であれば特に体の水分が母乳を作るために奪われますので、水分をしっかり摂る必要があります。

さらに便秘にならないよう食物繊維を摂ったり、腸内を整えてくれるヨーグルトなどを摂るなど食生活を見直す必要があります。

血行を良くする

いぼ痔は静脈瘤です。

血行が悪くなれば肛門がうっ血するため悪化したり、新しくいぼ痔が出来たりします。

長時間椅子に座ったりしているとお尻の血流が悪くなるので、1時間に1回は椅子から立つなどして長時間お尻に負荷をかけないようにしましょう。

ほかには血流をよくするためにストレッチをしたり、お風呂で体をあたためたりなどすると効果的です。

お尻を清潔に保つ

いぼ痔の部分は、皮膚が炎症を起こし敏感になっています。

ペーパーでごしごし擦ったりすると、さらに炎症を強めることになりかねません。

ウォシュレットがある場合は弱めで優しく洗い流してあげるといいでしょう。

産後のいぼ痔が治らない人が今すぐやるべき対処方法まとめ

産後のいぼ痔は基本的に病院を受診して、薬を処方してもらった方が治りは早いです。

そのほかには

・水分をしっかりとる

・お尻を清潔に保つ

・血行を良くする

この3つに気を付けると産後のいぼ痔が治らない!と思っている方でも、早く治すことが可能ですよ^^

良かったら参考にしてくださいね!