1日何度も行なう授乳。

あなたは授乳姿勢って気にしたことありますか?

 

 

あなたの授乳中の姿勢…
もしかして…猫背になっていませんか?

 

授乳中の姿勢が原因で体に疲労が溜まりやすくなり、
授乳すること自体が疲れやすい原因になっていることも多いです。

 

 

授乳姿勢をもう一度見直してみましょう!

授乳の姿勢のポイントは【まっすぐ】を意識すること

1日に何度も猫背の状態で授乳をすると

腰痛を引き起こしたり、体が疲れやすくなったりします。

 

では、どう気をつければいいのでしょうか?

 

授乳中はなるべく背筋をまっすぐするように心がけましょう。

 

あぐらで授乳する場合は
壁に寄りかかるなどして、背筋を極力まっすぐに!

 

ただ背筋を伸ばすだけではいけません。

ソファーなどに腰かけて授乳するときは
浅く腰掛けるのではなく、深く腰掛けることがポイント!

 

深く腰掛けることで
背筋が伸びやすくなります^^

 

授乳中に背筋がまっすぐなるように〇〇を使って工夫する

授乳中に背筋を丸めなくていいように
赤ちゃんの口の高さに乳房がくるよう調整してみましょう!

 

赤ちゃんが小さければ小さいほど
背筋を丸めて授乳をしてしまいがちです。

 

これではママの体に負担をかけてしまいます。

市販の授乳クッションだけでなく、
タオルを重ねたりして高さの調整を行いましょう。

 

少し面倒ではありますが
このひと手間でママの体の負担がグンと減ります。

 

 

1日に何度も行なう授乳だからこそ
気を配れば産後の回復も早まりますよ。

 

自分に合う授乳姿勢を見つけてみる

授乳スタイルにはさまざまあります。

 

スタンダードな横抱きから
フットボール抱きなどさまざまです。

 

その中でもおすすめなのが縦抱き授乳です。

 

赤ちゃんの体をママの体にぴったりくっつけ、
ママの太ももをまたぐように座らせて授乳する方法です。

 

これならクッションも要らず
背筋も曲げずに授乳を行うことができます。

 

最初はコツがいるかもしれませんが、
慣れてくれば横抱き授乳よりも楽に授乳することが出来ます。

 

 

ご自分に合う授乳のやり方を試してみてくださいね。