産後の悩みQ&A

産後の切れ痔が痛すぎる!切れ痔の治し方ってある?

産後、悶絶するほどのお尻の痛みに
悩んでいるママが多いです。

 

その原因は「痔」。

産後は主に切れ痔やいぼ痔が多いようです。

 

出産後は会陰部切開や裂傷の痛みに加え、
痔の痛みも重なるとドーナツ型のクッションが手放せなくなります。

 

この会陰部の痛みは1週間もすれば治まりますが、
痔は放っておいても良くなりません。

 

 

痔で病院なんて…
ちょっと恥ずかしいなぁ…

 

と思いなかなか病院へ行くことが出来ずに、
痔を悪化させてしまうママが多く居ます。

 

痔はデリケートな話になるのでみんな密かに悩み、
どうすればいいのか分からず困っていることが多いのです。

 

今回は産後切れ痔について
原因と治し方をまとめてみました。

 

産後の切れ痔って?自然に治るの?

 

切れ痔は裂肛とも呼ばれ、

便秘で硬くなった便を出す際に、
肛門が裂けてしまう痔のことです。

排便時に痛みや出血を伴います。

 

 

私も産後の切れ痔には悩まされました…。

排便するたびに痛みに襲われ結構な量の出血があったので、
トイレに行くのが億劫になりました。

 

 

陣痛の痛みは終わりがありますが、
切れ痔の痛みは治るまで痛みが続きます。

 

「自然に治るんじゃ…?」と期待している人も多いですが、
治るまでにかなりの時間を要します…。

 

その間、切れ痔の痛みと闘わなければなりません…。

 

自然治癒するだろう…と放っておくと
一生切れ痔と付き合っていかねばならなくなる恐れも…。

 

産後に切れ痔になったのなら
早めに治療することが大事ですよ!!

産後に切れ痔になりやすい理由は?

母乳育児中のママは母乳を生産するために、
体の水分を取られます。

 

この水分不足が切れ痔が起こる原因なのです。

 

 

水分が不足しているため便が硬くなり、
硬い便を無理矢理出そうとすると
肛門に負担がかかり切れ痔になってしまいます。

 

また産後はホルモンバランスも乱れがちになるため、
授乳をしなくても便秘になりやすい時期です。

 

 

私は元々便秘とはあまり縁がありませんでしたが、

産後は急に便がコロコロのうさぎのような便になり、
排便のたびに痛みが走り、トイレで泣きそうになることもしばしばありました。

 

産後の切れ痔の治し方は?

産後の切れ痔を治すために
市販薬を使うという方法もありますが、

授乳中の場合は、薬の成分によって母乳を通して
赤ちゃんに影響を与えてしまうおそれがあります。

 

授乳中の場合は
市販薬を使用するのは控えたほうがよいでしょう…。

 

 

切れ痔で病院に行くのは恥ずかしいと思ってしまいがちですが、
出産した産婦人科に相談してみましょう。

 

また女医さんがいる肛門科を調べてみるのもいいですね。

 

 

経産婦の3人に1人は痔の経験者だと言われていますので、
産婦人科でも十分に対応してくれます。

 

 

実際に私も産後痔になりまして…

最初は気付いてませんでしたが、
退院時検診中に「ん?痔になってるよ~」と
まさかの先生から教えてもらうということが…。笑

 

 

入院中は排便がなかったので気付かなかったようです…^^;

 

退院時にはしっかりとお薬をもらって帰宅しました。

 

産婦人科は授乳中でも使える薬が揃っているので、
産婦人科に相談することがベストですね。

 

産婦人科医が教える!産後の切れ痔の治し方って?

産婦人科の先生に切れ痔を治すために
気をつけることを4つ教えてもらいましたのでご紹介しますね。

 

薬を使用する

切れ痔は炎症を起こしているため、
その炎症を抑えるために軟膏や座薬を使用します。

 

炎症を抑えないことには
患部が回復することは難しいですので

早く治したいのであれば
薬を使用するのがベストだそうです!!

 

水分補給はしっかりと!

授乳中はママが水分不足になりがちです。

理由は母乳を作る際に、水分を多く使うからです。

 

また、産後はホルモンバランスの乱れにより
便秘になりがちです。

 

 

便の約7割は水分で出来ています。

体の中の水分が不足すると、
便がカチカチ・コロコロになってしまい、

排便時に肛門に負担をかけてしまいます。

 

 

せっかく切れ痔が治ってきていても、
便秘を繰り返すと切れ痔も繰り返します。

 

 

私も切れ痔が治りかけに便秘になってしまい、
ブチッと再発してしまいました…。

あの再発したときの痛みと悲しさといったら…。

 

このようなことにならないよう、
体が水分不足にならないためにこまめに水分を補給することが大事ですよ。

 

腸内環境を整える

 

便秘対策のために、
腸内を整えるヨーグルトや食物繊維が豊富な野菜を食べるようにしてください。

 

食物繊維は便のカサを増してくれる役割がありますが、

水分が足りていないと便秘の原因になりますので
水分補給をしっかりしているということが大事になります。

 

 

私は実際にヨーグルトや野菜など、
便秘にいいと言われるものを試しましたが、
頑固なのかなかなか効きませんでした…。

 

 

わたしに合っていたのは
妊婦や授乳中のママ・赤ちゃんも安心の話題のオリゴ糖でした^^

産婦人科医にも勧められていたのです!!

 

1日1回飲み物に混ぜてオリゴ糖を摂取することで、

あんなに頑固だった便秘が
毎日バナナサイズの便がスルスルと出るようになりました。

 

このおかげで切れ痔が完治しましたよ!

 

体を温める

産後の切れ痔の原因は便秘のほかに、
肛門周りの血流の悪さによるものもあります。

 

ストレッチをしたり、お風呂に浸かったり、
足浴などをして、血流を良くしましょう。

 

血流が良くなることで切れ痔の治りも早くなります。

 

お尻は常に清潔に

便を出した後はペーパーで綺麗にしましょう。

 

切れ痔の患部は炎症を起こしているので、
ゴシゴシと擦らずにポンポンと押すようにしてください。

 

ウォシュレットがある場合は、弱い水流で使用してください。

 

ウォシュレットがない場合は、
赤ちゃん用のお尻拭きで拭いてもいいですね。

 

お肌に優しい素材で出来ているし、
濡れているので清潔にしやすいです。

 

私も赤ちゃん用のお尻拭きをトイレに準備し、
トイレのたびに使用していました。

 

 

産後の切れ痔は思った以上に治りにくいです。

 

便秘にならないようにし、
確実に治していくのが大事になります。

 

 

完治しても、便秘を繰り返せば切れ痔を再発しやすいので、
便秘を解消することが大事です。

 

 

しっかり治して産後の切れ痔とおさらばしましょう^^