生理

授乳中に生理痛を抑える薬を飲んでもOK!驚くべき理由とは!

授乳中に生理が再開するママは多いです。

離乳食が始まったり授乳間隔が長くなってくると、授乳中でも生理は再開されることがあります。

生理痛が酷いママは生理中寝込んでしまうほどお腹が痛くなったり、腰が痛くなったりとつらいですよね…。

赤ちゃんが居れば、生理痛で寝込むわけにもいきません。

そんなときに頼りたくなるのがですよね。

 

生理痛がツライ…。

生理痛がひどくて赤ちゃんのお世話が出来ない…。

そんなとき、授乳中でも頼れる【薬】の存在を知っておくのはいかがでしょうか?

授乳中に生理痛を抑える薬を飲んでよい驚きの理由って?

基本的に授乳中の服薬はNGだと言われています。

 

現に市販薬の鎮痛剤である「バファリン」などの添付文書には、授乳中の服薬は禁止と書かれています。

しかし母乳に薬の成分が移行する量としてはごく少量のため、授乳中でも鎮痛剤を飲んでも良いという研究結果も出ています。

 

カロナールなどの鎮痛剤は授乳中でも飲めるお薬の代表です。

このカロナールにはアセトアミノフェンという成分が入っています。

 

このアセトアミノフェンという成分は授乳中に服薬しても【安全性が高い】と言われています。

引用:授乳と薬のハンドブック

 

これは小児科でも用いられる鎮痛剤のお薬ですので、もし出産した病院が遠いのであれば、
子どもが受診している小児科などを受診して薬を出してもらうことも可能ですよ^^

授乳中の薬は市販薬でも大丈夫?

授乳中に飲める生理痛の薬は、病院で処方してもらうのが一番です。

病院で処方されることが多い生理痛の薬はカロナールがほとんどです。

市販薬の鎮痛剤には「授乳中は服用禁忌」と書かれているため、「ほんとうに大丈夫なのかな…」と思ってしまうところがあるかと思います。

 

一番安全なのは病院が処方してくれるお薬が間違いないので、一度病院に相談してみると良いですね。

授乳中の薬の服用のタイミングはどうする?

授乳中に飲んでもいい薬でも、母乳に薬の成分が全く移行しないわけではありません。

赤ちゃんに薬の影響はありませんが、少しは母乳に薬の成分が含まれてしまいます。

 

薬の成分を、極力母乳に含みたくありませんよね。

薬の服用時間を気をつけるだけで、薬の成分が母乳へ移行するのを抑えることが出来ます。

 

薬を服用するタイミングは、赤ちゃんに授乳した直後に飲むことをオススメします。

そして、次の授乳までは3時間以上空けてください

体の中で薬の成分濃度が高くなるのが、服用後2時間前後なので薬の服用から授乳まで3時間以上あける必要があります。

服用のタイミングさえ守れば、赤ちゃんに罪悪感なく薬を服用することが出来ます。

授乳中の生理痛を抑える薬を飲んでも良い理由 まとめ

授乳中でも生理痛を抑える薬を服用して良い理由は以下の通りです。

 

・カロナール(アセトアミノフェン)は授乳中でも安全性が高いから

・母乳に薬の成分が移行する量はごく少量だから

服薬する時間を授乳直後にして、服薬から次の授乳までの時間を3時間以上空けると、より安全性が増しますので参考にしてみてくださいね^^