体重

産後に体重が急激に減る衝撃の原因とは?体重激減を止めるための対策方法を紹介!

産後に体重が急激に減った…というママも少なくありません。

あまりに急激に体重が減るので、「わたし…病気かも…」と悩んでしまうママもいます。

体重が急激に減り過ぎて授乳するのが怖くなったり、鎖骨が浮き出て自分じゃないみたい…と怖くなるママも多いです。

 

なぜ産後に体重が急激に減ってしまうのでしょうか?

急激に体重が減る理由と対策方法についてまとめてみました。

産後に体重が急激に減ってしまった意外な原因って?

なぜ産後に体重が急激に減ってしまう現象が起きるのでしょうか?

これは産後特有の原因があります。

また病気の可能性もあるので、体重が減ってラッキーと楽観的にみてしまうだけではだめです。

体重が激減する理由について知っていきましょう。

 

栄養の偏り・摂取カロリーが不足している

授乳による母体の1日の消費カロリーはおよそ500kcal。

500kcalを運動に置き換えると1時間ジョギングをしたのと同じ消費量です。

知らず知らずのうちにカロリーを消費しているのです。

 

ママが口にする摂取カロリーが少なければ、当然体重はどんどん減っていきます。

産後は赤ちゃん優先で生活してしまうため、自分の食事がおろそかになりがちになります。

食事をしっかり摂っていないために体重が激減している可能性があります。

バセドウ病の可能性がある

しっかり食事は摂ってるのに、それでも体重が減り続けて困っている…と言うママは「バセドウ病」という病気があることを頭に入れておきましょう。

バセドウ病は甲状腺機能亢進症と言われ、病気のせいで体の代謝が亢進してしまい体重が激減してしまう病気です。

出産して体の状態がゴロっと変わってしまうことで発症することもあります。

食欲があるのに体重が減ってしまうほかに、汗をかきやすい・眠れない・疲れやすい…などの症状がある場合は一度病院を受診した方が良いですよ。

産後に急激に減った体重を戻すためにはどうすべき?

産後に急激に減った体重を戻すためには、2つの対策方法があります。

どちらも大事なことなので、しっかりと目を通してみてください。

そして自分がやれるところから生活に取り入れてみてくださいね^^

食事内容を見直す

授乳中の1日の摂取カロリーは妊娠前(1800Kcal程度)プラス350Kcalと言われています。

3食の食事プラスおやつ分と言ったところでしょうか。

赤ちゃんの哺乳量が増えればおのずと母乳を作る量も増え、消費カロリーも多くなります。

しっかり食べているのに体重が減るというママは、少し食事の量を増やしてみてはどうでしょうか?

エネルギーになる炭水化物やたんぱく質を摂り入れることで、母乳を作る力に代わります。

また体重が激減すると、体力が落ちるため消化機能も低下しがちです。

胃に負担をかけすぎないよう、胃に優しい食事をするように心がけてみてくださいね。

病院を受診してみる

バセドウ病ではないかどうか、一度検査してもらうと良いですね。

病気の場合は病気の進行が初期であれば内服で症状を抑えることが出来ます。

症状がひどくなればひどくなるほど内服薬だけでは治療できず、手術や放射線治療などをしなければいけません。

「もしかして…」と心当たりがある場合は、早めに病院を受診してくださいね。

産後の体重が急激に減る原因まとめ

産後の体重が急激に減る理由は次の通りです。

・消費カロリーに対して摂取カロリーが足りていない

・バセドウ病などの病気の可能性がある

なにか心当たりがある場合は早めに病院を受診してくださいね。