産後

産後疲れがとれない…衝撃の原因と今すぐ出来る対策方法は?

■産後疲れがとれない…

■体のだるさがとれない…

■産後から体調が思わしくない…

初めての産後の体の不調に戸惑っていませんか?

 

出産の疲れが癒えぬまま、育児が始まるので産後に疲れがとれない…と感じるママは少なくありません。

産後に疲れがとれない原因は一体何でしょうか?

疲れがとれない原因と対策をまとめてみました。

産後に疲れがとれない原因は?

産後に疲れがとれない…と感じる原因は2つあります。

産後特有の原因となるので、「こんなことが疲れがとれない原因になるのか…」と納得される方も多いのではないでしょうか?

疲れがとれない・だるいと感じる原因を知っていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

産後の疲れがとれない原因のひとつに『ホルモンのバランスの乱れ』があります。

産後のホルモンのバランスの乱れは約半年から1年ほど続くと言われています。

ホルモンバランスが整うとやっと体の調子も戻ってくるという方が多いようです。

症状がひどくなると育児ノイローゼや産後鬱を引き起こす原因となりますので、注意が必要です。

授乳で体力消耗するため

授乳という行為は意外と体力を消耗しています。

母乳を作り出すのにもエネルギーをたくさん使っているのです。

授乳するだけで1日で500kcalもエネルギーを消耗していると言われています。

500kcalはジョギング1時間に相当する運動量です。

授乳しているママは特に疲れがとれない・だるいと感じる方が多いですよ。

産後に疲れが取れないときの対処方法は?

ホルモンバランスを整えるためには「休息」をしっかりとることが大事になります。

特に夜間授乳などで細切れ睡眠になっているママは、万年寝不足状態に陥っています。

寝不足状態ではホルモンバランスも整いづらいので、横になれるときは横になり身体を休めることを最優先にしてください。

 

また授乳中のママは母乳を作り出すのにもエネルギーが必要ですし、栄養も摂られていきますので栄養のある食事を摂ることが必要になります。

 

産後の疲れをとるのに甘いものは効果的なの?

疲れてるときは甘いものが効果的♪と良く耳にしますが、産後の疲れがとれないときにも効果的なのか調べてみました。

甘いもの・糖分を摂ることで一時的に疲れがとれたように感じますが、血糖が上がった一時的なものなだけで根本的な解決にはなりません。

また授乳中のママは甘いものを取り過ぎると乳腺炎になる可能性も高くなるので、甘いもので疲れをとろうとするのはやめておいた方が無難ですよ。

産後の疲れが取れないときの原因と対策まとめ

産後の疲れがとれない原因はこの2つです。

・ホルモンバランスの乱れによるもの

・授乳での体力消耗によるもの

産後の疲れがとれないときの対策方法としては、しっかりと休息をとり、栄養がある食事を摂るという基本的なことが必要になります。

良かったら参考にしてくださいね。